本文へ移動

組合紹介

桐生広域森林組合の社屋
桐生広域森林組合は、群馬県の東南部に位置し、桐生市の黒保根町を除く桐生市地域と、みどり市大間々町地域を管内とする森林組合です。

当組合管内は、桐生市の北端部の根本山を源流とする桐生川と、足尾山地を源流とした渡良瀬川がみどり市大間々町より流れ込み、互いの河川が桐生市街地を囲むように流れています。その中でも桐生川流域の梅田地区の森林は、スギの生産に適した地質に恵まれており、昔より群馬県の三大林業地として位置づけられています。

管内森林面積は約14,044ha(うち民有林は約12,718ha)となり、森林・林業の活性化を担う共同体として事業を推進し、森づくりの担い手として森林の持つ多面的機能を次世代に引く継ぐため、林業の普及・指導に励んでいます。

組合概要

組織名
桐生広域森林組合
所在地
〒376-0011 群馬県桐生市相生町3丁目560-5
電話番号0277-55-0077
FAX番号0277-55-0071
代表理事組合長
村上 利朗
副組合長
大澤 弘之
設立年月日
平成5年11月30日
出資金
24,419,700円(令和4年3月31日現在)
取扱事業量
318,152,932円
組合員数
961名
組合員所有面積
8,400ha
役員数
12名(理事9名・監事3名)
従業員数
20名(うち臨時従業員4名)
主要事業
植林、下刈り、除伐、間伐、その他森林整備の受託及び請負
購買事業
山行苗木・林業資機材の販売
その他の事業
支障木伐採、市街地樹木伐採・剪定、高木伐採等

沿革

平成5年11月
桐生市森林組合と大間々町森林組合が合併し、「桐生広域森林組合」設立。所在地は、旧桐生市森林組合事務所であった桐生市新宿1丁目
平成8年5月
桐生広域森林組合事務所を桐生市施設「桐生広域林業会館」と併設する形で新設。所在地は、現在の桐生市相生町3丁目
平成12年3月
勢多郡新里村地区が赤城南面森林組合より移管

歴代組合長

初代
藤生 勇
2期(平成5年11月~平成12年6月)
2代目
遠藤 定央
5期(平成12年6月~平成27年6月)
3代目
髙野 佳延
1期(平成27年6月~平成30年5月)
4代目
村上 利朗
平成30年5月~現在

交通アクセス

住所:〒376-0011 群馬県桐生市相生町3丁目560-5
アクセス:わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線 運動公園駅 徒歩約8分
桐生広域森林組合
〒376-0011
群馬県桐生市相生町3丁目560番地の5
TEL.0277-55-0077
FAX.0277-55-0071

・組合員の林業経営指導
・森林整備に関する事業
・樹木の伐採及び剪定業務
・林業用関連製品の販売


TOPへ戻る